杏樹の『気学』 夢語り

気学の楽しさや神社巡り、生きる為のヒントなど体験談がいっぱい。

今年の夏の猛暑にはうんざりした方も多かったと思います。
そしてここ数日は長そででないといられない様な日が続いています。

この気候の変動の激しさに体がついていけない人も多くなって来て
いるのではないでしょうか。

私もその一人です。
少し体が重く感じます。

そして今年は秋の風物詩秋刀魚が黒潮大蛇行により、
他のしらす、スルメイカなども不漁で年々高くなって気軽に
買えなくなって来ています。

今年は一白水気中宮年、一白の象意には冷え、病気、
血液、貧などが示す様に、一人ひとりが自分の身体の
状態を把握し、健康に努める事が健やかに過ごす為に
大事な事となります。

そして厄を貯めない様に。

私も思い切って、先日「人間ドック」を受けました。

少し気になる症状があるので、今は結果が分かるのを
少しドキドキしながら待っています。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

もうすぐ陽数の最大数である9が重なる日
9月9日の「重陽の節句」がやって来ます。

日本には季節の変わり目に厄を払う美しい風習が
あります。

五節句の一つで、きせ綿、菊湯、菊枕をしたり、菊酒
栗ごはん、秋茄子など「菊尽くし」の行事を行い、
厄を払い、無病息災を祈りました。

この中でも、「きせ綿」という風習は平安時代の貴族達が
前日の9/8に菊の花を綿でおおい、
9/9の朝、露にぬれた綿を顔や体にあてて、
いつまでも美しくあります様にという願いを込めて、
この風習を行っていたそうです。

赤い菊には白、白い菊には黄色、黄色い菊には赤い綿を
かぶせるのがきまりだそうです。

今は時間に追われる日々
中々自然にまで心を留める余裕はなくなっていますが、
草花や風に揺れる木の葉にも心を向けると、
朝夕、短い間にも少しずつ変化があり、
その中には日々の「感動」や「教え」があります。

自然を大切にし、星や月を眺めたり、空のシグナルにも
気づける心の「ゆとり」を忘れない様にしたいですね。

「追記」
今月は開運旅行に出かけるのでブログは不定期に
なると思います。

スポンサードリンク

プロフィール

杏樹

Author:杏樹

ご訪問頂き、有難うございます!

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

  ↑   ↑   ↑
クリックで、これまでに書いた記事の一覧がご覧になれます。

勉強会生徒募集
気学鑑定


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

ダブルラッキーディ


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

毎月のダブルラッキーディ

関連グッズ

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright ©杏樹の『気学』 夢語り. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.