杏樹の『気学』 夢語り

気学の楽しさや神社巡り、生きる為のヒントなど体験談がいっぱい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

皆さんはこの世で願いを叶える人は「宇宙の法則」を使っている
という事を知っていますか。

これを活用すると生き方が楽になり、自分の願いも叶い易く
なります。

あるお金持ちの家に泥棒が入り、金銀財宝をごっそり持って
行ってしまいました。

普通なら、青ざめ、憔悴して生きる気力もなくなるのですが
この主人はがっかりせず
「しめしめ、これでもっと大きな福が入ってくるわい・・」と微笑んだ
そうです。

この人は「宇宙の法則」を知っているんです。

それは宇宙には「何か新しいものを得たいと思ったら、
不用品を手放すとその分欲しいと思っていたものが新しい空白の
部分に入って来る」という法則があるんです。

これを知っているので、「良し!チャンス到来・・」と思ったわけです。

こういう時を好機ととらえられるか、衰機ととらえるかでその後の
運は変わっていきます。

自分の思考次第で、夢をゲットする事が出来るんです。

人との付き合いも長く付き合っている間には裏切られたり
不愉快な思いをする事があります。

不輸快な思いをさせられた人とは無理して付き合わずに、
思い切って卒業しましょう。

するとまた違う人生が開けていくんです。

家の中のものも1年以上たってただしまってあるものは
思い切って捨てましょう。

捨てると新しいものが入って来ます。

捨てなければ、そのまま・・・。

ものに埋もれ、悩みもドンドン大きくなって、心はどん底に
落ちた日々が相変わらず続いていきます。

人生が上手くいかないと嘆いている人は、手放して見ましょう。
1つ捨てると1つ入って来ます。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

運が強い女性というと皆さんはどんなイメージを持ちますか。

*自分の人生観をしっかり持っている。
*人から見て失敗だと思われる事もチャンスに変える力がある。
*自分の中に「これは良い」というすぐれた直観力があり、生活の中で
 それを取り入れ習慣にしている。

これが私の考える「運の強い女性」のイメージでしょうか。

私の中で、ずっと注目して動向を見つめている女性がいます。

それは「松居一代さん」です。

ずっと前からブログを読ませて頂いていますが、最近の行動は
ハラハラしながら見つめていました。

二宮尊徳の「たらいの法則」という有名な話があります。

たらいの水を自分のほうに引き寄せようとすると向こうへ
逃げてしまう。しかし、相手に何かしてあげようとすると
水は自分の方に戻ってくる。

自分の心に余裕がない時は、他人の為に出来る事をして見る。
すると運やチャンスは自分の方に回ってくる。

「ボランティア」という行動をした事で、見事に運とチャンスを
大きく引き寄せて世間からのマイナーイメージを好転させました。

見事なものです。

昨日の朝のテレビで見たのですが、松居さんは帰って来て
すぐ行った事は、家の全部の窓を空け、運気を上げる為に
空気の入れ替えを行ったそうです。

そしてずっと行動を共にして来た愛車には心を込めて、
感謝しながらお掃除をして、
そのあとは自分の手から車に向かってハンドパワーを送り、
「幸運鈴」の音色で清めていました。


鈴がない時は、お塩とお酒で清めても良いそうです。

七赤金星は今年「種まきの年」、色々と準備を始めるのには
良い年です。

更にこれから数年間は運が登り龍のごとくドンドン登っていく年に
なります。

ご自分の夢に向かって頑張ってください。応援しています。♪

スポンサードリンク

プロフィール

杏樹

Author:杏樹

ご訪問頂き、有難うございます!

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

  ↑   ↑   ↑
クリックで、これまでに書いた記事の一覧がご覧になれます。

勉強会生徒募集
気学鑑定


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

ダブルラッキーディ


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

毎月のダブルラッキーディ

関連グッズ

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright ©杏樹の『気学』 夢語り. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。