杏樹の『気学』 夢語り

気学の楽しさや神社巡り、生きる為のヒントなど体験談がいっぱい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

☆見上げてごらん、夜の星を  
小さな星の小さな光が
ささやかな幸せをうたってる

見上げてごらん 夜の星を
ボクらのように名もない星が
ささやかな幸せを祈ってる☆

 「見上げてごらん夜の星を」より

有名な坂本九さんの歌です。

YOU TUBEを見ていたら、今は亡き坂本九さんと歌手の平井堅さんが
名曲「見上げてごらん夜の星を」を同じステージ上で歌っている様に
美しいハーモニーでデュエットしていました。

画面に映る二人は違和感がなく自然な感じに見え、映像の進化と
メロディが心に深く染み入り、久しぶりに聞き入ってしまいました。

最近の歌は歌詞よりリズムのノリの良さを大切にしているのか、
心に染み入るという感情まで覚えないのですが、
もう何十年も前の曲ですが
改めて聞くとメロディの美しさと歌詞の一つ一つに、
メッセージを感じますね。

最近夜空を見上げた事ありますか?

生活に追われていると夜空を見上げる余裕はないものですが、
今の季節は一つ一つの星が空気が澄んでいる分鮮明に見えます。

良く見るとこんなにいっぱいの星があるんだなんて新たな
感慨を覚えます。

私達は「名もない星」かも知れません。

でもしっかり人生を生きています。

自分なりに一生懸命頑張っています。

幸せになりたい、自分の存在を感じてもらいたい。

中々思うような人生が歩めない・・・。

悩みは色々あるけれど、ささやかな幸せと日々生きている事に
感謝しながら、生活しています。

過ぎた事は執着せず、来年に希望を持って前向きに
生きて行きましょう。


長くなりましたが、最近聞いて心に残った言葉を皆様に贈ります。


* 誰かを憎んでいられるほど、人生は長くない *

             「90歳が書いた50の人生訓」より



*年末のご挨拶*

今年一年このブログに来てくださった皆様、私の拙い文章を
読んで頂き本当に有難うございました。

又11月には「にほんブログ村」からお知らせもせず退会し、
それでも探して来て下さった皆様本当に嬉しい限りです。

来年も気学の楽しさをわかって頂ける様書いていくつもりです。

その他来年はまだ余り知られていないパワースポットや、運を上げる
開運情報なども書いて行きたいと思っています。

こんな事知りたいという事がありましたら、質問して下さいね。

来年はどんな人々と巡り逢えるのでしょう。楽しみです。

良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

2013年も残りわずかになって参りました。
皆様にとって今年はどんな年だったでしょうか。

道ならぬ恋が続いている人、夫に愛人の存在を感じた人、
人生に決着をつけ、新しく生活や仕事を変えて来年こそは
良い年にしたいと新年に向かって夢をいだいている人も
多い事でしょう。

結婚生活を続けていても夫の行動に不審をいだき
夫の携帯電話をチェックしたり、行動を監視して絶対しないと
念書を書かせても、又同じ様な事を繰り返され、妻としては
諦めとそういう事をしている自分が嫌になったり・・・。

こういう経験ありますよね。

一方、不倫男の決め台詞、「妻とは上手く行っていない。君と
いる時が一番幸せだ」なんて言われ、信じていたのに
いつまでたっても妻とははっきりさせない男にいらいらして、
そんな関係をずるずる続けている自分にも嫌悪感を持つ日々・・・。

中々穏やかな気持ちでは暮らせないものです。

どうして自分はこんな生き方しか出来ないんだろう・・。

時だけが無常に過ぎて行きドンドン年を取っていく。

人は幸せになるには、ものや人に執着を残さない事です。

恋や夫には依存せず自分の生き方をしっかり持つ事です。

その為には女性は一人で生きていても、結婚していても、
しっかり生きて行く事が出来る様、自分の経済的基盤を
持つ事です。いつでも自分が切り札を出せます。


いつまで変わらないものはほっといて、来年こそはと
思う人は、あと数日の内に、自分へのラブレターを書いて
見ましょう。

自分の心と素直に向かいあい、夫に対する想い、はっきりしない
恋人への想い、今年意地悪されて憎いと思った人達に自分の
想いを書いて見ましょう。

そして書き終わったら読み直しその手紙を燃やしてしまいましょう。

そのあとは終わった事は考えない、もう執着しないと気持ちを変えましょう。


来年は四緑中宮の年です。

新しい風が吹き、出会いのチャンスがいっぱいある年です。
特に西に入る六白金星の人は恋の季節です。

環境を変えると新しい出会いが待っているものです。

お正月は三社参りに行き、神様とのご縁をしっかり結び、気学生活
元年として動き始めて見ましょう。

必ず心の中がはっきりと見えて来て、自分の幸せの行方が定まるはずです。

スポンサードリンク

プロフィール

杏樹

Author:杏樹

ご訪問頂き、有難うございます!

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

  ↑   ↑   ↑
クリックで、これまでに書いた記事の一覧がご覧になれます。

勉強会生徒募集
気学鑑定


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

ダブルラッキーディ


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

毎月のダブルラッキーディ

関連グッズ

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright ©杏樹の『気学』 夢語り. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。