杏樹の『気学』 夢語り

気学の楽しさや神社巡り、生きる為のヒントなど体験談がいっぱい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ある日ラジオから流れて来たお話は、ある老夫婦のお話でした。

誰でも50歳を過ぎて人生の折り返し地点を過ぎると、あと何年自分は
生きるのだろうと思い、若い時より生きるという事に真剣になって
来ます。

毎日毎日が大切になり、自分の事で残された者が争いがない様に
そして誰にも迷惑をかけないで、この世を去りたいと思うものです。

今は二人暮らしの72歳の老夫婦、自分達が元気な内に二人でしようと
決めていた事がありました。

二人のお墓の事です。

時間があるとあちこちにお墓を探しに行っていたそうですが
余りに高くどうしたものかと悩んでいました。

そんなある日、自宅近くに、永大供養のお金を払えばずっと供養して
くれるお寺が見つかり、細かく内容を聞きそこに決めました。

二人は決まった事で、肩の荷が下りた気持ちになり、ほっとして、家の中の
物を少しずつ減らし、段々と家がすっきりして来ました。

そんな中でも、どうしても捨てられないのがありました。

家族のアルバム・・・。

今はおじさん、おばさんになっている幼い頃の子供達の屈託のない笑顔・・。

想い出が一杯詰まった自分達の人生そのものです。

私にはこの老夫婦の寂しさ、誰にも迷惑をかけないでいこうという
潔さ・・。色々な想いがこちらにも伝わり、胸が熱くなりました。

一度しかない人生。

一人一人人生で描く設計図は違いますが、誰にも必ず来る終末期。

自分にとって何が大切か、家族の事やどんな生き方をしたいか、今一度
考えて見るといいですね。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

プロフィール

杏樹

Author:杏樹

ご訪問頂き、有難うございます!

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

  ↑   ↑   ↑
クリックで、これまでに書いた記事の一覧がご覧になれます。

勉強会生徒募集
気学鑑定


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

ダブルラッキーディ


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

毎月のダブルラッキーディ

関連グッズ

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright ©杏樹の『気学』 夢語り. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。