杏樹の『気学』 夢語り

気学の楽しさや神社巡り、生きる為のヒントなど体験談がいっぱい。

12/26の早朝、東の空を見ると雲の間に一筋の光が見え、
眩い光が雲を輝かせ始めました。
その輝きは見ている内にドンドン輝きを増して、光の柱が
放射線状に地上に広がりました。

「天使の梯子」と呼ばれている神秘的な光景でした。

それから数時間後、ベランダを見ると今度は大きな鳥が
とまっているのが目に入りました。

「あら~鳥・・」と思ったら、もう一羽がすぐ傍に来て同じ様に
とまりました。
並んでこちらを見ています。何かメッセージを伝えに来たので
しょうか。

「鳥がいるよ~~」と家族を呼んだら、一羽はすぐ飛んで行って
しまいましたが、もう一羽は暫くこちらを見ていました。

朝から、「天使の梯子」「二羽の鳥の来訪」と吉兆が続きました。



亡き人は鳥や蝶、動物に姿を変えてメッセージを伝えると
言われています。

あの二羽の鳥は私の亡き両親の化身だったのでしょうか・・。

いくつになっても心配なのかな・・・。

今年、天使の梯子を登って神様の元に帰った人達がいます。

まだこの世に留まりたいと望んだ人もいた事でしょう。

人は死ぬ時、どんなに悔いなく生きた人も必ず「まだ生きていたい!」
と思うそうです。その時生きているという事がこんなに素晴らしい
宝ものだったという事に始めて気づくのです。

私達もいつかあの天使の梯子を登って行く日が来ます。

つまらない毎日と思えば
つまらない事しか起こらないものです。

未来に希望を持って、しっかり生きようと思った人には
あらゆるものには恩恵がある事が分かる瞬間が来ます。

幸せは遠くにあるものでなく、自分のすぐ傍にあるもの。

それに早く気づいた人から幸せへのプロローグが始まります。

まだこの世に留まりたいと思った人の想いを心に刻み、私達は
生きている事に感謝して、自分の人生という宝物を大切に
歩んで行きましょう。

そんな事を思った一日でした。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

プロフィール

杏樹

Author:杏樹

ご訪問頂き、有難うございます!

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

  ↑   ↑   ↑
クリックで、これまでに書いた記事の一覧がご覧になれます。

勉強会生徒募集
気学鑑定


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

ダブルラッキーディ


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

毎月のダブルラッキーディ

関連グッズ

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright ©杏樹の『気学』 夢語り. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.