杏樹の『気学』 夢語り

気学の楽しさや神社巡り、生きる為のヒントなど体験談がいっぱい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

季節が巡る中で、二人が初めて会った日や別れた日などが
来ると、ふとした瞬間に想い出が蘇る事があります。

自分としては納得して別れたはずなのに、
元彼に似た人の面影を今も捜したり、結婚して子供も出来、
満足しているはずなのに、
いまだに夢に出て来たリ・・。

夫と上手くいかない時、あの人と結婚していたら、どんな風になって
いただろうかと考えたりする事はありませんか。

過ぎ去った恋は美しく蘇り、人は時々宝箱をあけたり、閉めたりします。

独身の人で別れてから、そんなに月日が経っていない人は
共通の友人がいたら、さりげなく近況を聞いてもらうといいです。

共通の友人がいない方はメールやラインを使って、季節の便りを
おくったりして反応を確かめて心を整理しましょう。

結婚している人で、未だに夢に彼が出て来る人は元カレの念が
まだ残っているという事で、何年あっていなくても
細い細~い最後の糸が未だに繋がっているのです。

それが貴女の結婚生活に支障を与えているとも考えられます。

人の念は何年経っても何十年経っても生霊となって纏いつきます。

しかるべき方法でその念を断ち切ると、結婚生活が上手く行きだす事も
あります。

過ぎた人は縁のなかった人と割り切り、今の生活を大切にしましょう。

そして独身の方は、一白~九紫までの九気はそれぞれ特徴があります。

彼が七赤だともう新しい恋が始まっている可能性もあります。

自分で連絡する勇気がない人は、専門家に相談して、その人が今
衰運期か盛運期なのか、又九星によっては同じような
気持ちでいる可能性もありますので、時期を選ぶという事も
一つの選択肢として考えて見るのも良いかも知れません。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

海外生活が長い人が久しぶりに日本に帰ってきて、ある光景を
見てびっくりしたそうです。

公共機関でのスマホをいじっている人の多いこと。この姿は
異常に見えたと言っていました。

私も同感で、電車、バスに乗っていると、殆どの人がスマホを
操作しています。

昔は外の風景を眺めたり、前を向いて静かに時を過ごしたり
又は、本を読んでいる・・・こんな光景でした。

スマホは相手に連絡している様子はなく、ゲームや何かを
検索するのか手でひっきりなしに動かしています。

何でそんなにスマホを見ていなければいられないのでしょうか。

こういう時間はゆっくり頭を休めて、ぼっ~としていれば良いのにと
おばさん世代は考えてしまいます。

益々じっくり一つの事を考えるという事がなくなっています。

もう一つ問題なのは、高層マンションやタワーマンションの
高層階に住む人。

若い女性は神経症になりやすく、流産にも注意しないといけないと
言われています。
子供も低体温症、喘息、アレルギー性鼻炎になりやすいと
言われています。

子供が小さい方は出来るだけ親子で外に出て遊んだり、
土のある所や自然が多い所に定期的に行く様にしましょう。

地気エネルギーの少ない住居は人間の心と身体に大きな影響を
与えます。

たまには「スマホ」を切って、自然の中でゆっくりしませんか。

現在はストレス社会、会社でも社員の健康に注意する時代です。
個人は自分でコントロールしなければならない社会になっています。

自分を振り返ったり、色々と自分でじっくり考える時間を持つ事は
大切な時となっています。

不便さを体験する事は、自分の生活をより建設的な人生に出来る
第一歩になるはずです。

スポンサードリンク

プロフィール

杏樹

Author:杏樹

ご訪問頂き、有難うございます!

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

  ↑   ↑   ↑
クリックで、これまでに書いた記事の一覧がご覧になれます。

勉強会生徒募集
気学鑑定


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

ダブルラッキーディ


詳しくは、 こちら をご覧下さい。

毎月のダブルラッキーディ

関連グッズ

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright ©杏樹の『気学』 夢語り. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。